柴ぱら食堂

ペットに与えてはいけない危険な食品

ペットパティースのメルマガでこのような文章が来ました。

 
 これから年末年始にかけていろいろな楽しい行jがたくさん参り、おいしいものがたくさん食卓を 飾りますが、犬と人間の消化器系は非常に異なっており、人間が食べても好いものでも、私たちの 愛するコンパニオンには深刻な健康への悪影響をもたらす食品があります。 参考にしいただけると幸いです。

 1. アルコール - 人間や犬に対しても同じ効果を持っていますが、協調運動障害、めまい、嘔吐、下痢、呼吸困難、死を招く可能性があります。飲み残しのワイングラス等をペットの届くところに置くことは危険です。

 2. アボカド -  アボカドは人間のための健康的な脂肪を持つ素晴らしい食材です。犬のためにはPersin(人体には無害)と言う成分によって引き起こされる嘔吐や下痢を起し窒息の危険性もあります。できるだけ犬たちが手の届かない所に保管してください。

 3. 穀類 - 犬は食事中の炭水化物のためにガスが発生しブロートを引き起こすことがあります。炭水化物によるガスで極端な痛みが起き、さらには破裂に胃や腸を引き起こす可能性があります。

 4. チョコレート ? ほんの少しのチョコレートでも震え、急激な心拍数の増加等死亡につながる危険性が多いにあります。特にダーク チョコレートには濃度の高いメチルキサンチン含まているので特に注意が必要です。

 5. コーヒー&ティー - チョコレートと同じく、コーヒー、紅茶に含まれているメチルキサンチンは犬のための良い飲み物ではありません。 カフェインが引き起こす過度の口渇、震え、異常な心臓の鼓動、多動、発作、死亡につながることができます。

 6. 玉ねぎ - 玉ねぎは赤血球にダメージを与える化学物質を含んでおり、消化管を刺激しますし貧血につながります。

 7. ぶどう&レーズン - 正確な化合物は不明ですが、ブドウやレーズンは腎不全に非常に迅速につながります。

 8. 甘い食べ物 -.本当に悪い!砂糖、特に人工甘味料を大量に摂取する犬は、肝障害のリスクを大きくします。また、協調運動障害、発作、うつ病を誘発し、血圧の急激な低下を引き起こすことがあります。

 9. マカダミアナッツ - たとえほんの少しのナッツが深刻な反応を引き起こす可能性があります。症状は嘔吐、振戦、抑うつがあります。

 10.塩 ? 食べ物の中の過剰な塩分は、ナトリウム中毒、上昇した体温、過度の口渇や排尿、嘔吐、痢、そして死に至る。

 11. キノコ - キノコの食用種であっても、肝臓や腎臓の損傷につながる可能性の毒素が含まれる場合があります。

 12. 人間のビタミンは - 多くの人々は犬にも人間用のサプリメントおも、使用することができると思っています。これはよくある間違い、高濃度の鉄を含んだサプリメントは消化管の粘膜を損傷し、肝臓や腎臓の障害につながる危険性があります。

 幸せで安全な食生活を送るために、あなたのペットの手の届かないところにこれらの食品を保持してください。





いや~~ちょっとびっくりだったのはアボガド、、、
私、よくあげてるんですけど・・・別に何の問題もなく過ごしてます。

ちょっと調べてまたお伝えします。
[PR]



by shibapara | 2012-11-16 11:56 | 食事

柴パラ家族のごはん日記
by shibapara
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧